有限会社杉本舗装

パラボラ工法

【パラボラ工法とは】
上下水道、電気、通信、ガス等の鉄蓋は全国に約1,000万個以上もあると言われています。
従来工法の四角切断、円形切断の切断面は垂直切断でありました。
交通量が多かったり、地盤が弱かったりする地域では上部からの力によりズレを起こすことがあり、
一度ズレを起こした接合面は雨水の浸入を許し、補修部の崩壊につながる事がありました。
パラボラ工法はそれらを防ぎ、初期投資の廉価な円形の施工法を達成しました。
確かな理論と技術により、作業時間を短縮し、耐久性を大幅に向上することができます。
ご相談やご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。
担当責任者:杉本龍介

【密着度】
パラボラ状断面は鍋に蓋をするがごとくに素晴らしい密着性を発揮します。
パラボラ状の切断エッジは接着面積が広く、摩擦抵抗が曲線へ分散される為、
通行車両の荷重に確実にたえられる円形球面状切断面です。
【パラボラ工法の特徴】
1.円形球面が正確に施工できること。
2.1箇所を3時間以内に施工できること。
3.切断塊の破砕を少なくし、撤去できること。
4.モルタルは悪条件下でも1時間後の圧縮強度が交通解放が出来る強度に達すること。(悪天候を除く)
5.ゼロ擦り付けのフラット仕上げが出来ること。
パラボラ工法の施工

【パラボラ工法の施工】
◆円形切断用路面カッターに円形球面状のダイヤモンドブレードを取り付け、
鉄蓋上に360度回転して表面円形に切断し、無収縮モルタルを使用して鉄蓋の維持修繕作業を行います。
◆単体移動が可能な円形切断用路面カッターは交通規制範囲を狭められ、短時間で施工できる工法です。
◆切断塊の除去は、破砕を少量におさせ、人力により破砕します。
◆パラボラ工法指定のモルタルを使用。圧縮強度が10ニュートン以上に達し、悪条件下でも施工が可能。
◆円球状の切断面は上部からの力を分散させ、補修面との一体化がより可能です。
◆鍋底の原理の円球状切断面は補修箇所の陥没や雨水の浸入を妨げる大きな特徴をもっています。
  • ①施工前

  • ②センター治具をセット

  • ③パラボラカッターでの切断

  • ④切断塊の破砕

  • ⑤鉄蓋枠設置

  • ⑥超速硬性モルタル重鎮

  • ⑦加熱式アスファルト合材敷均し

  • ⑧シールコード塗布

  • ⑨完成!

【規制範囲】
単体移動可能なカッター、簡略な機材は交通規制範囲を最小に抑え、昼間施工を、より可能にします。
【パラボラ工法による後替工法】
パラボラ工法による後替工法 は、修復工事の効率を高め、平らで美しい道路を実現します。
切削作業するにあたり、あらかじめマンホール箇所をパラボラカッターで切断、鉄蓋を撤去することにより、
道路の切削作業をよりスムーズに効率よくします。切削作業後は、速やかにマンホール箇所を探査し、
パラボラ工法による切断、鉄枠の設置、モルタルの打設等を行い、作業を完了させます。
こうしたパラボラ工法による一連の作業を用いることにより、道路の修復工事を大幅に短縮することができます。
  •  

    【鉄蓋診断士】
    杉本舗装では、鉄蓋診断士による鉄蓋診断を行い、
    鉄蓋の長寿命化対策を含めた計画的な改築を推進しています。
    鉄蓋診断士は、知識や技能において高い能力を有し、
    総合的な鉄蓋診断業務を遂行することができます。
    官庁および地域社会の人々と連携して、
    安全・安心な下水道環境づくりをして参ります。

静岡県 清水 の 舗装工事、パラボラ工法、後替え工法 のことならおまかせください。